読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テケテケ

乗り物乗ってテケテケと

ジムニー再生計画 黒さを復活させる

スポンサードリンク

f:id:escada:20170422210927j:plain

黒い部分が白茶けているとボロいイメージしかわかないよね。よく手入れされている車は隅々まで黒々している。

そこでジムニーの中でも特に外装樹脂部分、ワイパーの黒さを復活させてみたよ。

樹脂部分の復活はワコーズのスーパーハードで

もう樹脂部分にはスーパーハード塗っとけば安心ってぐらい信頼しているワコーズ製品。ほかの製品と違って施工後長期間効果が持続してくれる。やっぱり効果が違うよね。

ジムニーで目立つ樹脂パーツはダクト、ボンネットカバー。とりあえず取り外して洗浄開始。

 

f:id:escada:20170405020207j:plain

泥汚れに白茶けてしまっているダクト。

 

f:id:escada:20170405020242j:plain

ボンネットカバー?も真っ白になってきている。樹脂の劣化も激しく、取り外し時一部破損させてしまった。

 

f:id:escada:20170405020348j:plainこいつらをお風呂場で洗剤とメラミンスポンジでよく汚れを落とした。

 

f:id:escada:20170405020442j:plain

乾燥をさせた後スパーハードコートを塗布していきます。

 

 

スポンジが入りにくい場所は小さく切って突っ込んだ。

 

すべて終わらせて乾燥のために翌日まで部屋で保管。翌朝取り付けてみるとその効果は歴然だ!

f:id:escada:20170405020720j:plain

ダクトはこのように黒々と蘇り

 

f:id:escada:20170405020753j:plainボンネットカバー?も真っ黒になった。

 

f:id:escada:20170405020813j:plain

しかしよく見ると溝の奥はスポンジが届かず塗布できていない。次回は綿棒につけて処理しておこうかな。

 

f:id:escada:20170405020912j:plain

劣化のために破損した一部。定期的にメンテをしていればこういったことも防げただろう。

 

取り付け時にフロントグリルに樹脂パーツがあるのを発見した。

f:id:escada:20170405021110j:plain

あっ!真っ白やんか。ここは次回処理するかな。

 

ワイパーは塗装して復活

ワイパーも日にさらされて塗装がはげてきている。とりあえず取り外してお風呂で水洗い後、耐水ペーパー800番で下地を作っておいた。

今回は時間もないし夜中だがライトの下塗装を決行した。

f:id:escada:20170405021528j:plain

段ボール箱の上に並べて塗装する。缶スプレーは「Holts(ホルツ) カーペイント A-9 つや消し黒 180ml MH009」である。

 

Holts(ホルツ) カーペイント A-9 つや消し黒 180ml MH009
 

 

f:id:escada:20170405021703j:plain

こんな状態の肌をスプレーで塗りつけていく。

 

f:id:escada:20170405021751j:plain

塗装が終わり黒さも復活した。

 

ちなみに後ろのワイパーは未塗装である。

f:id:escada:20170405021859j:plain

忘れたわけではなく、時間がなくて断念したのである。

 

f:id:escada:20170405021933j:plain

見ての通り塗装が禿げてしまっている。これも次回の課題にしておこう。

 

こうしてジムニーの黒さが蘇り一段と美しくなってくれた。

 

費用

  • Holts(ホルツ) カーペイント A-9 つや消し黒 180ml MH009:745円

ワコーズのスーパーハードコートは手持ち分。