読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テケテケ

乗り物乗ってテケテケと

中国で外出中に電動バイクがバッテリー切れをおこした場合の対処方法

中国:電動バイク
スポンサードリンク

f:id:escada:20160301123742j:plain

中国では毎日通勤で使っている電動バイクだけど、外出時にバッテリー切れをおこすことがあるんだよ。

今回はそんな時のトラブル対処方法を紹介してみたいと思うよ。

出勤、退勤で電動バイクを乗り回すだけであれば充電は毎日充電するだけで持つんだけど、会社帰りにどこかに寄って帰宅したりすると充電が持たないんだ。

いま電動バイクに搭載しているバッテリーは12Vを5個、つまり60V積み込んでいるんだけどこれだけ積み込んでいて航続距離は50km未満だと思う。冬で寒いから余計にバッテリーが持たないのかもしれないけどね。

自宅から会社までの距離は約15km、40分ほどの道のりなんだ。充電は会社で充電、帰宅、翌日出社、会社で充電というルーチンで回してるよ。一応マンションの駐輪場に充電スタンドが備わっているけど、埋まっていることがほとんどなんだ。

昨日は電動バイク販売店にナンバープレート申請が終わったか見に行ったんだ。寄り道して帰ったから自宅で充電したかったけど案の定埋まってて…
そして今朝通勤中にバッテリー上がりであえなくストップ

でも中国は道ばたや、ショッピングセンターの駐輪場に充電スタンドが備わっているよ。

f:id:escada:20160301123729j:plain

1回1元(日本円で20円ほど)11分充電出来るんだ。これで走行できる距離は約5~8kmと書いていたけど、今日走行してみると3kmが関の山だった。電動バイクの種類によるのかな。結局途中から電動バイクを押して会社まで行ったんだ。

次バッテリー切れをおこしたら30分ぐらい充電をするようにしないといけないね。