読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テケテケ

乗り物乗ってテケテケと

日本のアドレスV125GにMOS製のCNC ケーブルホルダーをつけてみたよ

日本 アドレスV125G
スポンサードリンク

f:id:escada:20151013120057j:plain

アドレスV125の見える部位は取りあえず交換するようにしているとフロント周りのケーブルガイドが気になったので交換したよ。

 標準で付いているケーブルガイドは機能的ではあるのだろうけれども貧相な出で立ちで、これは交換してくれと言っているような物だよね。

f:id:escada:20151013120042j:plain

 

そこでMOS製のケーブルガイドをAMAZONで注文です。お値段は2,041円

 

実際に取り付けをするとメーターケーブルとブレーキケーブルが左右に分かれているので2個必要なのに1個しか購入していない…


とりあえずメーターケーブル側を交換しよう。

交換する時にメーターケーブルを外さないと標準のケーブルガイドが外れなかったよ。

 

ケーブルはプラスネジで固定されていたのでネジを外してケーブルを引き抜く。
その後ケーブルガイドを車体に取り付けてケーブルを通して終わり~

f:id:escada:20151013120029j:plain

 

余り派手な色合いにならないようにチタンカラーを選んでみたんだけどどうだろう??
アルマイトのカラフルなカラーで彩ると目立って窃盗が怖いしなぁ、無難で良いよね?