読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テケテケ

乗り物乗ってテケテケと

アドレスV125Gにスペシャルパーツ武川のスーパーマルチLCDメーターキットを購入

日本 アドレスV125G
スポンサードリンク

f:id:escada:20151228143154j:plain

アドレスV125G用に購入した物も多くなっていますがどんどん紹介していくよ。今回は武川から販売されているスーパーマルチLCDメーターキットの紹介だよ。

アドレスのノーマルメーターはいたってシンプルな作りだけど、使っていく内に不満点なのはカスタムしていく内に知りたくなる回転数、移動時に知りたくなる現在時間と要求がどんどん増えていくよね。

それを一気に解消してくれるのが今回紹介するスペシャルパーツ武川のスーパーマルチLCDメーターキットなんだ。

f:id:escada:20151228143152j:plain

アドレスV125用の同じデジタルメータでもデイトナからも出ているけど、あちらはデザインで没にした。やっぱり武川の方がデザインが良いんだよねぇ。
その分値段も数千円高いんだけどね…

今回の交換でいじった箇所

f:id:escada:20160108161651j:plain

メータ交換するためにヘッドカウルの取り外しが必要だよ。また配線をする時にフロントカウルも外したよ。

スーパーマルチLCDメーターキットの交換

まずは取り付けから行くよ。ヘッドライトカウルの外しかたはもうみんな分かっているよね。一応過去記事を貼り付けておくね。

address-v125.hatenablog.jp

その後メーターカウルを外すんだけど、これはすごく簡単。プラスネジ2本で外れた。

f:id:escada:20160108161834j:plain

カプラーを抜くとカウルごと外れるからノーマルメーターを取り外してね。

ノーマルメーターと武川のスーパーマルチLCDメーターを並べてみたよ。

f:id:escada:20151228143153j:plain

こうしてみるとやっぱり武川のデザインは優れているよねぇ。

取り付けは説明書通りに配線をつけていくとすんなり交換できたよ。ただしフロントカウルをはぎ取って電源をとるところがあるから気をつけてね。フロントカウルのはぎ取りかたは過去の記事を参考にね

address-v125.hatenablog.jp

キーをONにするとタコメーターが上がって降りてくると言う動作と共に、デジタル表示が「8」並び後「r+数字」を表示されて通常モードに移行するよ。

この通常モード表示前でもエンジンは普通にかかるから心配しないでね。

今回はポン付けしただけでタコメータ用の配線をまだ終わらせていないんだ。時間がなかったもので次回に先送りです。

デジタル表示は夜間でも視認性がよく、きれいに見えるからうれしいよね。

取り付けしてみての感想

f:id:escada:20151228143236j:plain

ノーマルメーターを33,894kmで交換。整備記録につけておかないとね~
交換後3,4日で165km走ったことになるね。1日4,50km走行かぁ、まぁまぁかな。

ノーマルのメータと比べて情報量が多くなって見る楽しみが増えたね。トリップメーターや時計の設定はスタータースイッチとブレーキレバーの操作だけで設定できるので簡単だよ。操作方法は取り扱い説明書に載っているから覚えておかないとね。
ただし時計の設定はまだしていないのでこれも次回の課題かな~

あと一点おかしかったのはガソリン残量表示なんだけど、半分を下回った辺りから一気に点滅(0になった)のにはびっくりしたけど、みんなも同じ症状なのかな?